読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

祝福の歌声

若葉萌え始めた里山に霞がかかるような儚い桜が一気に花開いた。 山の中で若葉と融け合うい、夢の世界を見せてくれる霞の桜。 私はこの優しい色合いの霞桜が好きだ。 そして、数ある霞桜の中でも特別な一本の木があるのを私は知っている。 森のもののけたち…

夢のトンネル

真砂土のやせた山でも、たくましく育つ、くろんどの森の春の主役「コバノミツバツツジ」 冬の間静まり返っていた森が、春の日差しを受けてゆっくりほころんでいたが、 ミツバツツジの明かりが灯り、一気に明るくなりました。 この季節の裏山散歩コースは、秘…

そのものの名前は

かつて広大な寺社林を有した古刹「獅子窟寺」の近くに、八丈岩という大岩があり ちょうど、木々の梢とと同じ目線での風景を楽しむことが出来る。 カシなどの常緑樹、コナラなどの落葉樹、そして盛りがすぎた山桜の赤い葉など さまざまな木々達の織りなす春の…

瑞々しい

命の輪廻は途切れることなく、今年も続き大地から命が湧き上がってきた。 ■瑞々しい 「光沢があって若々しい。また、新鮮で生気があること」 世はまさに、生気がみなぎっているのが目に見えて感じ、 森はやっぱり生きているんだと、つくづく思う。 幾千、幾…

元気いっぱい

窓の外から見る、森の色合いが、刻々と変わっていくこの頃 ともすると、変化に置いて行かれているんじゃないかと心配している自分がいる。 つい10日ほど前 卵からかえったばかりの雛のような可愛らしい姿で芽吹き始めた森の木々たち。 触ると壊れそうに繊…

はじまりは雨

季節の変わり目にはよく雨が降る。 それは、地球上における日本という国土の特色でもある。 豊かな雨は守を育て、生命を育み養ってくれる。 すべての始まりは「雨」 冷たく、暖かく。 枯れ葉をぬらし、芽生えを呼ぶ雨。 雨は色も作る。 風雨によって、素敵な…

櫻守という仕事

「古代より日本の伝統の櫻は朱のさした淡緑の葉とともに咲く山桜」 「染居吉野ばかりが日本の桜ではない」と あまたある日本固有種・古来種を残そうと努力を重ね続けた 「笹部新太郎」の想いの私市植物園の櫻山には染居吉野はない。 ここの櫻山には、約50…

設計図

木の芽の折り紙の設計者は誰なんだろう。 カエデ とても素敵な手先をしていたんだろうな。 丁寧に折りたたまれた折り紙は、設計図通りに開いていく。 堅く閉じていた花芽がほどけてきた。 誰かが、ポンとスイッチを押したのかな。 ユリノキ うわ、ハナイカダ…

雨上がりのワクワク

雨上がりの森ってなんだかワクワクしない? しっとり湿った髪の毛から、滴る一滴のしずく。 とくに、萌え始めた草木の妖しい魅力がなんともいえません。 寒々とした冬の枯れ林から、命燃えさかる生命の森へ 一雨毎に生まれ変わる、まっただ中に入っていく。 …

楽しい季節

春を待ち焦がれた者たちに、祝福の時を告げる「はるこがねばな」が顔を出した。 まん丸の花芽が、ぱかっ!、ぱかっ!と音を立て開いていく。 我先に、遅れるな! 少しでも早く、手を広げ、太陽の光をたくさん受けようと、急に森が騒がしくなり始めた。 上を…

春の合唱

ねえねえ、妖精って見たことあるかい。 よく、絵本に出てくる妖精? そうそう、その妖精だよ。 一度見てみたいと思わない? うん、見てみたい。 よし! じゃあ、いっしょに春の森に出かけてみようか。 あそこ、あのぼーっと光っている木の下だよ。 あの木の…

光の卵

よーいどん 日に日に色が変わってきた。 ついこの間までは、凍りついた音のない世界だったのに ある日を境に、草たちがつぎつぎと産声を上げ始めた。 冬の間、ひっそりと小さく光り輝いていた宝石たち。 そのちいさな光の中には命が宿っていて、そとが暖かく…

白髪山「雄叫び」

頂きに上り詰めた瞬間、天から一転の光が差し込み一斉に世界が流れ始めました。 山と雲がせめぎ合い 山塊に雲がぶち当たり せりあがり雄たけびを上げる。 なんと壮大な景色なんだろう。 この瞬間に出会えてよかった。 来てよかった。 言葉もなく、ただただ、…

目覚め

御形(ごぎょう) 春の七草のひとつ。 七草粥の頃には、もっとちぢこまっていたが、ここのところぐんぐんと 大きくなってきました。 枯葉の布団を脱ぎ捨てて、暖かくなったなーと、次々と顔を出す春の草花たち。 秋から残っている、残り葉が春風にゆらりと揺…

産声

冬を越した越冬芽が一斉に産声を上げ、目覚め始める。 やがて小さなささやき声が、ざわめきに変わり大きなうねりとなって森を覆い始めた。 森の目覚めの時がきた。 長い冬をじっと堪え忍えたからからこその喜びの声。 あっちでも、こっちでも。 笑顔が溢れる…

宴の始まり

梅の薄明りのような景色は何とも言えない暖かさを感じさせてくれる。 桜の華やかさもいいものだけれど、梅の控えめな、優しささが私は好きです。 かすかな香りとともに、淡い光が天から舞い降り、冬がれた森の中の その場所だけに春が一足やってきたかのよう…

啓蟄(けいちつ)の畦道

とんとんとん。 とんとんとん。 もう春だよ出ておいでと、誰かが戸を叩く。 命あるもの、いっせいに目をさまし空に向かて大きな背伸びを始めるころのことを 古の人は「啓蟄」と呼んだ。 啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」 日が長く…

草木萌動(そうもくめばえいずる)

春雨降り、地ゆるみ始め、草木が一斉に芽生え始める。 しとしとと降り続ける雨は、雪を溶かし、凍てついた地を一気に目覚めさせる力を持っている。 生き物はどうやって春を感じるんだろうと不思議に思う。 だけど、人も春を感じる力を忘れてはいない。 日頃…

東熊遊山「山眠るとき」

■山眠る 平地では梅もほころび始めた「春立つ」頃 山はまだ深い眠りについていた。 より深く、山と近づきたければ より深く、森と友達になりたければ より深く、自然を感じたければ 神々の懐に包まれて眠りにつこう。 目を閉じると、風の音が山の声を運んで…

いろんな音

裏山に見晴らしの良い丘がある。 ひと歩きした後に、ここに来て、ゆっくりと流れる時間を楽しむのが好きです。 少しのおつまみと、お酒をもって きぬさんの味噌と交野の酒粕 そうそう、森の中に入ると、いろんな音が聞こえてきます。 身の回りにはこんなにも…

冬の里山の小さな楽しみ

季節はあっという間にすぎていき、年が明けて早くもひと月が過ぎ去ろうとしている。 もうすぐすると、気の早い小さな草花達が早春の訪れを告げてくれることでしょう。 尾根沿いのツツジの小道で気の早いコバノミツバツツジが蕾を膨らませていた。 春はもう少…

冬の雑木林

木枯らしが吹き抜ける冬の雑木林の小さな種は 森の動物達の命をつなぐ大切な食べ物 おいしいもの、日持ちのしない物から食べていくので 日に日に食べ物は少なくなり、今頃はほとんど無くなっているんだと思います。 ヒヨドリがヘクソカズラの実をつついてい…

じっと待つこと

冬、木々は夏の衣を脱ぎ捨て眠りにつく。 衣を脱ぎ捨てた跡には、小さな窓から外を見みる顔がのぞいている。 窓の中は暖かい暖炉があり、とても居心地がよいようです。 みんなにこにこ笑いながら、お話ししたり、お気に入りの本などを読みながら、春を待って…

冬の雑木林

冬の野山は、天気が変わりやすい。 今まで晴れていたと思ったら、さーっと風がふき、雲が広がると 瞬く間に凍えるような寒さがやってくる。 小さな木の根の洞を覗くと、気持ちが良さそうなベットが作ってありました。 夜にはここで、まあるくなって、スヤス…

あこがれ

見上げると、大きな大きな空が広がっていた。 ぼくもいつかあの空に飛び立ちたい。 水の中で過ごしてきたヤゴはいつも思っていました。 すこしでも、空に近づきたい。 あの空を飛んでみたい。 ある朝、そばにあった水草の枝をつたって少しだけ空に近づきまし…

雨音

私市植物園のお気に入りの東屋で、のんびりしていると、突然雨が降り始めた。 いくオクターブもの音が重なり合い、互いに語り合いながら 歌を歌う。 強く、弱く響く雨音が心地よい。 空気が湿り、雨足が強くなる。 時折吹く風に木々の葉が揺れ、ざわめきを起…

思いの数

雨上がりの水玉。 大きな蓮の葉っぱに、ぽろりん。ぽろん。 風に吹かれて、ゆーらゆら。 なにか、まあるい、まあるい。水玉の中で動いているよ。 顔をそっと近づけてみると、小さな小さなミジンコが閉じこめられている。 ミジンコから外の世界を見てみるとど…

たんぽぽ

桜が散り始めると、待ちに待った春本番。 じっと厳しい冬を乗り越えた木々が一斉に芽吹きの歌を歌い始める。 そっと目を閉じ、頬をなでるやさしい風を感じてみると、そこには太陽の国が広がっていた。 小さな太陽どこまでも続いている。 私市植物園にも春に…

昔はこんなにも梅が美しいとは思ってもいませんでした。 濃淡の景色が心にしみる。 じんわりと、枯れ木色の野山に淡い色がゆっくりと染みいく景色に魅力を感じます。 季節の静かな交響曲の始まり、静かな音律に誘われ、人々の心が溶けていく。 名残惜しい早…

真冬の森のこだまたち

賑やかだったろう交野カンバスが終わって、静けさが訪れた私市植物園。 ねえねえ。 こっちにきて、このいすに腰掛けて、一緒に耳を澄ませてごらん。 小さな話し声が聞こえてくるよ。 目を閉じて、じっとしていると、どこからか小さな話し声が聞こえてきまし…

見上げること

見上げること。 かおを空にむけて、一心に見つめること。 上をむいて、前に進むこと。 小さなちいさな、すきまから、大きな空を眺めること。 あの丘を越えて、大空に旅立とう。 大きなそらに羽ばたこう。 さあ、上を向いてごらん。

かくれんぼ

かくれんぼ するもの よっといで! もういーかい。 まーだだよ。 何処かで、懐かしい声が聞こえてくる。 秋の森は、かくれんぼ。 みんなの楽しい声響く。

紅葉散歩「ひかりあふれる」

ひかる。ひかる。ひかる。 きらきら、ひかる。 天の川があふれ出し、地上にきらきらと舞い降りる。 まるで、星の国に迷い込んだよう。 幸せの光が当たり一面を満たし、一瞬のきらめきに、みな感嘆の声を上げる。 森の神様。 ありがとう。

「きりぎりすの山登り」 金子みすゞ

朝露の中あぜ道で小さなバッタに出会い、この詩を思い出した。 ちょっと不思議で寂しそうな詩。 私が持っている朗読の詩集の語りがまたよくて、大好きな詩の一つです。 ※金子みすゞの世界「朗読の旅」■「きりぎりすの山登り」 金子みすゞ きりぎつちよん、山…

武奈ヶ岳2013秋 「祈りの道」

急坂を上り詰めた場所はまさに、色彩の神が降り立った祈りの道。 神の国への門をくぐると、そこは錦の国。 観音様の歌声が聞こえる天国の国。 暗闇から響くその声は、ひとつの季節の終わりを祝う声。 黄葉と 紅葉 霞む森に降る落ち葉の音が静かに響く。 太古…

求めない

母は気に入った詩や歌を、昔から紙に書いて壁に貼り付けておくことが好き。 数年前に帰省した折に、壁に貼られていた詩を目にしていた。 以来、この詩が気になっていたが、先日「加島祥造」という人の詩だと知った。 - 求めない− すると 簡素な暮らしになる …

さようなら

少し蒸し暑さがぶり返してきた、秋の夜。 T君と、お別れをしてきた。 人はいつか別れる時が来る。 分かってはいるが、どうしてと問いかけてしまう。 告知から、治療を拒んで残りの人生を精一杯過ごしたという。 自然に身を任せるのもひとつ。 精一杯抗うのも…

冬支度

祭りの終わった静かな週末は、雨になりました。 しとしととふる、少し冷たい雨。 そろそろ、冬支度の頃でしょうか。 冷たい雨に打たれた秋の花は、キラキラと宝石のように光っている。 あ、雨が上がってきたよ。 少し光が差し始めたね。 ふと、トリネコの木…

たくさんエナガと会えた日

あ、アケビだっと思って見上げていると、エナガの群れが近づいてきた。 一羽が、アケビに取りつくと、2羽3羽とわれさきに味見を始めました。 おいしい!おいしい! 秋の味覚が好きなのは、みんな一緒だね。 この日は、あちこちでエナガの群れと出会う日で…

働き者

コウヤボウキ(高野箒・キク科) 花言葉:働き者冬枯れの枝を束ねて箒をつくる、しゅっとした姿に、くるくるっとした、愛らしい高野箒の花が咲き始めた。 その小さな豆電球のような蕾に、小さな花蜂がにやってきた。 まだ花は開かないの?と問いかけると、小…

精一杯

精一杯。 精一杯。生きました。 美しく初々しかった衣もぼろぼろになり。 羽ばたくのも苦しいけれど、もう少し。 もう少し、生きていることを感じたい。 狐の孫がそっと傍らで見守っていた。

きのこの家族

雨上がりの森のなか、小人のおうちの窓辺で光る小さなランプが光ってる。 まあ、素敵な手作りランプ 私の部屋に飾りたいな。 キノコの家族が相談してる。 誰の部屋に飾るのかな。(^^♪

よりそう

よりそうってなんだろう。 よりそうってどういうことだろう。 よりそうって なんだろう。

心の鏡

闇の訪れとともに何かが動き出す。 暗闇の森をの中に広がる、静寂の泉。 なんだか引きこまれそう。 怖い。 気味が悪い。 綺麗。 不思議。 人それぞれ池の中に浮かび上がる心の風景に見入り佇む。 真夏の世に浮かび上がった静寂の泉は、人の心を映す魔法の鏡…

十字花

十字花が咲きはじめた。 日陰にひっそりと咲く、白い十字の花。 撫でると独特の強烈な匂いが漂う。 思わず子供の頃を思い出す、私にとってはとても懐かしい匂い。 小さな小さな白い硬い卵が、森の子守唄が聞こえると少しづつ衣を緩める。 まるで、産着に包ま…

光生まれる時

山が深い眠りから覚めるとき。 キツツキのドラミングの音が森に響き、闇のベールが溶けていく。 光が姿あるものとしてそこに存在する輝く光。 光生まれる瞬間。 世界が命を注ぎ込まれ、次々と生き返っていく瞬間。 小さな波がだんだんと多くなり。 うねり、…

ゆるめること

森に入ると、ふわっと心が緩む。 それは、私の大切な時間。 =ヤエムグラ= 朝日が差し込む森の中に足を踏み入れ、木々や生き物たちと会話をしながら過ご す時間。 小さな恋の瞬間をこっそり覗いたり。 親子のいたわりを垣間ると、思わず笑みがこぼれてしま…

ここは何処

目に見えるようで見えない「光」 物を見ると言うのは、光を見ていることという。 くろんどに通じる谷間の道を、尺治(しゃくじ)の道という。 奈良へ通じるこの道は、古くから多くの人々が行き来した道だという。 光は何処からやってくるのだろう。 過去か、…

朝の露

大気の中に水は姿形を変えて、出たり入ったりすることが出来る。 いや、逆かもしれない。 大気が、水を優しく包んでいるのかもしれない。 夕方に止んだ週末の雨。 雨雲は東に去り、快晴の夜空となり朝方はひえこんだ日曜日。 早朝の野原に出てみると、素敵な…

雨宿り

雨の私市植物園に出かけてみると、そこには雨の日でしか出会えない風景がありました。 ねえねえ、みてみて。 近づいてみてみると、「食べないとお大きくなれないもん」 丸々と太った食欲旺盛な芋虫が、むしゃむしゃと音を立てて 雨など関係なし! 一心不乱に…