読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

春日山原始林

世界遺産春日山原始林」
奈良、春日大社の社寺林として、太古の昔から守られてきた神の森を訪れました。

数千年を経た常緑の森は今、落葉の季節を迎えています。

圧倒的な大木林の迫力

苔むした木々の姿は、なんとも言えない神秘的な佇まいを感じます。

所々に、人々が、様々な祈りを捧げ伝えてきた痕跡が数多く残されてもいます。


渓流沿いに出ると、ひんやりとして、さらに、森の奥深くに分け入っていく気がします。


大木は歳を重ね、表皮も様々な表情を見せてくれます。

「鶯の滝」は、鶯の鳴き声を遠くに聞きながら、時が流れる如く淡々と流れ続いていく

そのそばで、一時の安らぎを多くの人が分けてもらっています。

1本の杉の大木を過ぎた頃、奥山と呼ばれる地に足を踏み入れる。

この地は、100年前に植樹されたとの事。100年で直径約50cmぐらい。。。
あちこちにある大木がいかに、風雨に耐えてきたかが分かります。

杉林のなかでひときわ光輝いて見える春日山一番の大山桜
「すごい!」「わー、綺麗」通りかかる人々が思わず驚きの声を漏らしていました。

近くで、お地蔵さんが人々の往来を見守られていました。

若草山側の谷では、樹林が若い気がします。紅葉と山桜の新緑がとても素敵。
こちら側は、ハイキングの人も多数散策されていました。

昨日に引き続き、今日もエナガさんに出会えました。
可愛いですね。

老舗旅館「月日亭」は、四季折々の季節を感じられる素敵な雰囲気で佇んでいました。

春日山原始林をゆっくりと約5時間ほど掛けて一回り。こんなにも近いところにこんなにも原
始の森があろうとは思いもよりませんでした。

近いうちにまた訪れてみたいお気に入りの場所になりそうです。

■大正初期に開発された周遊道が原始林をぐるりと包み込んで、奈良の人々が気軽に散歩でき
るようになっており、徒歩で楽しむ方、自転車でチャレンジする方色々な接し方が出来るよう
に成っているようで、一部、上部部分は車で通ることも出来るようになっていました。

世界遺産として登録され、後世に残されようとしていますが、残していくには人々の感心とと
もに、努力が必要と感じています。