読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

春の足音

但馬散歩

天空の城は雪に閉ざされていましたが、天空では数羽の鳶が、詩を歌いながら楽しげに大空を舞っていました。

鳶が生活しやすい環境なのでしょう、但馬地方を訪れるとよく鳶を見ます。
おーい春よ来い、春よ来い。

ピーヒョロロ。
歌声に誘われ、馬酔木の蕾の鈴がすこしなった気がします。

フィー、フィー
振り向くと、鷽が桜の蕾を求めて枝から枝へ飛び交っています。

ピー。
鵯も飛んできました。
まるで空中ブランコですね。

うすみどり色の繭が雪の結晶で化粧をして光っています。

白い綿に包まれると、沢山の小さな色が浮かび上がってくるようですね。

森の箒で白い雪が掃き清められるころ、春の足音が聞こえてきます。

もう少しだね。

竹田城20130221