読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

春山の声(蓬莱山)

気品あふれた姿。
国鳥の「雉」の凛々しい姿にほれぼれとする。

雉が見下ろす先は、水がはられ、田植えを待つ棚田が延々と広がるり琵琶湖につながる。
いにしえの昔から、空から降り注いだ恵みの水をうまく利用してきた。

恵みの源を辿り、比良へ分け入る。
自分の源を求めて。

大地に降り注いだ一滴一滴の水は、木々の葉を伝い地に降り立つ。
その一部は、大地に染みこみ谷に染み出し、沢山の命を育む。

光と水を融合し、すべての生きる力を作り出す。
ゆっくりと巡る大きな輪。

生まれ出る小さな命。

人々は山の神に祈り。

水の神を祀る。

小鳥たちも体の中から、歓喜の歌声を紡ぎだす。
一つ一つの小さな声が集まり、大きなうねりとなって、私を包み込んだ。

目を閉じると、いろんな声が聞こえてくる。
楽しい春山の声が。