読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

春の歌曲(蓬莱山)

比良山系

春になると森に光が降るという。
天狗が住むという、天狗杉の根本に佇み、無心に星空を眺める。

じっと星空を見ていると、一つの星が群から離れこぼれ落ちてきた。

こぼれ落ちた星は流れ星となり、パッと音と立てて弾け、
小さな小さな光の粒となり、森に降り注ぐ。

光の粒が触れた瞬間に固く閉じていた木の芽が一つ、二つと衣を脱ぎ捨てていく。

最初は小さかった歌声が、少しづつ重なり、いろんなパートに分かれていく。
あるものはテノール。あるものはソプラノ。

さあ、春の歌曲の幕開けだよ。
目を閉じて席につこう。
早くしないと遅れるよ。