読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

和池の大桂「生命力」

但馬散歩 古木


しかし、なんという生命力なのだろう。
主幹は朽ち果て、生まれたひこばえもまた、風雪に倒された事だろう。
傷つけられ、なぎ倒された幹からまた、生まれ出る子供たち。。

こんこんと湧き出る、清らかな水は、まるで桂の体内から生まれ出てくる清い水。

水は恐ろしくもあり、また優しくもある。
 
この甘い水があって、この桂もまたここまで育ったのだろう。

 
たもとには、ひっそりとツチアケビの花が咲き始めていた。

秋には小金色に染まり、メイプルシロップの甘い香りが辺り一面を覆うと言う。

刻々とすぎていく時の流れの中を、ゆうゆうと生きていく和池の桂。
人間の時間とは別次元の時を過ごしているようだ。

但馬高原植物園にて