のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

何かがきっと、おきるだろう

小寒の野原は枯れ草色。
木枯らしと一緒に始まる旅。

ひとり、一粒、少しづつ。
新たな場所へと続く旅。

明るい光が照らす先。
未知の世界が広がる先。

何かがきっと、おきるだろう。