読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

ぐるぐる

島々に囲まれ、深い水深を持った、天然の良港「呉の港」
天然の良港であった呉は、海軍鎮守府がおかれ、軍港として発展してきた名残が今なお残る。

瀬戸内の穏やかな波を感じながらの「しまなみ」をめぐる海の旅。
朝一番のフェリーに乗ってフェリーのエンジン音が、海原に響き少し肌寒い朝の潮風に流れていく。

■呉から松山へ
何度か利用したことのある、阿賀港からの阿賀〜堀江航路は、高速道路の無料化と「しまなみ海道」の開通とともに幕を下ろしていた。
時は流れ、今は、ひと山越えた呉の港から四国にわたる道が残る。

■さとうみ
小学生の頃は、よく赤潮が発生したというニュースが流れていたが、牡蠣の養殖や海藻の植え付けなどを行い、人が関わることで少しずつ新たな生態系ができあがってきているという。

ふと桟橋に打ち寄せる波打ち際をみると、透明度が高くとてもきれいになっている気がしていた。

一方通行だけのお仕着せではどこか無理がくるのでしょうが、うまく”ぐるぐる”まわること。その”ぐるぐる”が見つかると、うまくながくつながっていくんだろうな。