読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

夕闇に沈む古城「春の竹田城」

見上げると、日が古城立つ山に暮れていき

春桜の喧騒が過ぎ去り、静けさを取り戻した山にゆっくりと闇が近づく。
木々の奥から、夜の鳥の声が淋しげに谷に響き渡る。

夕闇に染まる遅咲きの山桜が、私を待っていてくれていた。

ありがとう。