読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

穀雨

こよみ

しとしとと、降り続くは恵みの雨。
畑の夏野菜も植え終わったタイミングで、おいしい穀雨が降ってくれた。
地を潤し、作物を根付かせる大切な雨を人は穀雨と呼んだ。

穀雨
二十四節季の一つ。陽暦の4月20日頃。
地上の穀物に実りをもたらす雨が降り注ぐ、という意味。

必ずしもこの時期に雨が多い、ということではないが、しっとりとした春の雨がやや長引けば、菜種梅雨などと呼ばれることもある。

沸きかえるように、日一日と緑濃くなり、すべてのものが生き生きと生を謳歌し始めたことを比し人と感じます。

私市の村では、そろそろ田起こしが始まりました。