読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

鈴鹿:鎌ヶ岳のシロヤシオ「純白の白い肌」

■期待を胸に
昼間は、昼間は夏を思わせる陽気で土曜日以上に気温が上がるという。
しかし、早朝の頬をなでる風は冷たく、ふるえが走る。
空気を感じながら走ること。
この感じをしばらく忘れていた。

ツツジからウツギへと季節が移り変わる頃、シロヤシオが清楚な花を咲かせると聞く鈴鹿の山々。
どんな花なのかな?
楽しみに期待が膨らみます。

■出会い
険しい急な斜面を登り切り、ふと空を見上げた。
それは突然の出会いだった。
緑の衣に、純白の白い肌。

可憐な花は光と戯れ歌を優しげな歌っていた。

純白の回廊と戯れながら、ゆっくりと歩を進める。
この春は、いろんなツツジと出会うことができましたが、
純白のツツジはなんともいえない雰囲気を醸し出して
心が清められる感じがします。

ああ、この子に出会えてよかったな。