読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

山小屋のこと

猿板仲間

■山頂の安心
山頂にある山小屋があることで、多くの人が安全に、そして安心して山を楽しむことが出来ると思う。
無人の小屋もいいものだけど、暖かい灯がともり、笑い声の響く営業小屋も魅力的。

いろんな人々がこの一つ屋根の下に集まって同じ時を過ごす。
ほっと、暖かい心をお裾分けいただいた気がした。

■快適な道
ゴミひとつ無く、歩きやすい道。
みんなの快適な登山の裏には、山小屋の人々や多くの人たちの苦労があってこそ成り立っているんだろうな。

山の道は、水の道。
きちんと、水の流れがそれるように、切っていかないと、すぐに崩れるんだよ。
これは、杖の代わりに、特別な小さなクワを持って、山小屋の山神様が毎日毎日、歩いて整備されているから
保たれる。
沢山歩いて、話を聞いて、体験して初めて大切な事が見えてくる。

それを、一個人でもくもくと続けていくこと。
一代目、二代目、三代目と続けて頂いていることにに感謝します。
せめて、この山に来た時は、笑ってお泊りしていこう。
27年前に初めて訪れた時には、そんなことは考えもしなかった。
 1987年剣山山頂
またこよう。