読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

季節は進む

日が昇るのがめっきり遅くなり、木漏れ日の時間帯が日を追う毎に変わってくる。
きりっと引き締まった空気。

草花の咲きに付いた朝露の粒の大きさが小さくなった気がする。
そんな、ちいさな変化が季節の移り変わりを感じさせてくれます。

早朝、くろんどの森に分け入っていく。
わ!
チジレザサが輝いている。

そっと近寄ってみると、光の中に、小さな小さな蜘蛛の巣が星雲のように無数に浮かんでいる。
かがみ込み、小さな星雲をじっと見つめていると、そよ風にふわりふわりと揺れた。

なんだか今日は楽しい散歩になりそうなすてきな予感がします。
あら、こんにちは。
ご近所の窯元のKさんも、朝のお散歩ですか。
気持ちがいいですものね。

ほら、目を閉じて耳を澄ましてみませんか。
どこからか柔らかに光り輝くキンエノコロのコーラスが聞こえてくる。

ミズヒキにコオニタビラコ
秋の野山には、小さな野花が咲き乱れ。
季節の移り変わりに彩りを添えてくれている。


ゆっくりと。
急ぎ足で、季節は進む。
ね。