読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

だから僕は一人で森に行く

人は自然を敬い生きてきた。
誰が彫ったのだろう、道端の杭に掘られた仏が私を見つめていた。

山の所どころに、心を映し出すなにかがある。

普段の生活の中では忘れているけれど、
森と人は、とても深いつながりを持っているんだなと時々思う。
人は自然に頼り、寄り添って生きてきた。

人は、一人では生きていけない。

夜は暗く怖いもの。
森は、もののけの存在を感じるところ。

朝は、日が昇り、ありがたいこと。
万物には命が宿り、巡っていく。

森に一人で入ると、自然の声が聞こえてくる。
だから僕は、森に行く。