読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

初冬の私市植物園

ユリノキから始まった、私市植物園のめくるめく紅葉も、ほぼ終わり。
木々は衣を落とし、眠り始めたようです。

来年の春までの厳しい冬を乗り切るために、
自分のお気に入りの色の布団を敷きつめる。

ぐっする眠りにつくために、紅に黄と錦の布団を敷きつめる。

私市植物園での最後の紅葉は、楠を少し上がったところにある二本の紅葉
ひとつの山、ひとつの種類でも、それぞれが個性を持っているように
眠りにつく時期はだいぶ違います。

この個性があるから、種は栄え、継続していくのだと思います。

静かに、木々は眠りにつき始めました。