読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

宴の始まり

梅の薄明りのような景色は何とも言えない暖かさを感じさせてくれる。
桜の華やかさもいいものだけれど、梅の控えめな、優しささが私は好きです。

かすかな香りとともに、淡い光が天から舞い降り、冬がれた森の中の
その場所だけに春が一足やってきたかのような陽だまりのような、うたげの場所ができる。

香しい芳香とともに、光に満ち溢れ、固く閉じた心をゆっくりとほころばせてくれる梅の花。
優しく、見るものを引き付ける魅力を持つ梅の花。

梅の香は千里に漂い、山々をに春を知らせる役目をしているのかもしれません。
梅が満開になるころ、生き物は土から孵り、木々はつぼみの衣を緩め始める。

もうすぐ春。
森が一番輝く春がやってくる。
さあ、宴の始まりです。

よろしければクリック下さい。