読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

白髪山「白い異の世界」

はるかな天空を流れる雲
手を伸ばしても届かない雲
いつも見上げているだけだけの雲
雲の中はどんな世界なんだろう。

さきほどまで、鶯が鳴き喜びに満ちあふれていた世界にいたのに
いつの間にか白の世界へと足を踏み入れていた。

乳白色の気体が体にまとわりついてくるとともに
すーっと音が遠のき、春の気配が遠ざかっていく。

ここは、雲の中
白い異の世界
頂へと続く道は遙か遠くにかすんで見える。

こっちへおいで、こっちへおいで。
白い異の世界の向こうから何かが呼びかけてくる。

あの声について行ってはだめだよ。
あれは、向こうの世界の声なんだ。
まっすぐにこの道を登るんだ。

決して振り返ってはいけないよ。
上を見て、一歩一歩慎重に歩を進めるんだ。

あの頂の向こうにまを目指して、ひたすらに進むんだ。
信念を持って、一歩一歩振り向かずに進むんだ。
きっと今まで見たこともない世界が広がってるよ。

よろしければクリック下さい。