読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

霞の色が消える時

私市植物園 くろんど散歩

霞桜が咲き始めると、1ヶ月に及ぶ桜の季節は厳かに終わりを迎える。
淡い水彩画のような、桜の風景が私は一番好きだ。

若草色に淡い桜色を混ぜ合わせた、このコントラストこそ、春の景色のフィナーレにふさわしい。

そして毎年楽しみにしている、家の向かいの大きな霞桜が今年も花開いた。
大きな、大きな花火のように。
風に揺れ、花びらを散らし、静かに時が過ぎていく。

いつまで見ても、飽きることのない景色がそこにある。
単純ではない、複雑で刻々と変化をしていく者達の集合体。

色は人を招き、引きつけ、魅了する。
数千、数万、数億の命ある者達が醸し出す色の世界。
人がまねようとしても、決して作り出すことの出来ない色。

霞の色が薄れていくと、その先にゆっくりと夏色がやってくる。

よろしければクリック下さい。