読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

あの山の上には、雪解けを待つ踊り子たちがいるのをしってるかい?

鈴鹿山系


可憐な乙女たちは、山が眠りから覚めるのを待っていて、
山とともにお祝いの踊りを踊り始めるんだよ。

雪が溶け、暖かな日差しが台地を暖め始める、木々が萌黄色の幕が開くのを待っている。

そして待ちに待ったこけら落としの日
太陽とともにゆっくりと幕が開いていった。

バックコーラスは風と木々が担当です。

第一楽章は、やっぱりカタクリの舞かな(^^)

色とりどりの踊り子達が、お気に入りの衣装をまとい、踊り狂う。

そして、その舞を一目見た者は、花の乙女の虜になってしまう。

私もその一人になってしまったようだ。

よろしければクリック下さい。