読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

御池岳「スプリング・エフェメラル」

スプリング・エフェメラル(spring ephemeral)
エフェメラルとは、「はかない・短命の・つかの間の」という語彙を持つ。

春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、
その後は翌春まで地中の地下茎で過ごす、スプリング・エフェメラルの一種とのこと。
 =ヤマネコノメソウ
その春の妖精に出会えるとき山を目指して御池岳を目指しました。
御池岳周辺には、藤原岳も含めて沢山の花の妖精が、それぞれの好みの場所に根をおろしているという。

この花は武者の兜のようだなと思っていて、調べてみると。
なんと、花の百名山「御池岳」の花だという。
 =ヤマエンゴサク
この花素敵だなと、自分で勝手に名前をつけるのもいいけれど、
一通一つ、気にとめて、きちんと名前を覚えてあげるとより親しみがわく。
 =イワカガミ
白いきりっとした凛々しい感じの「ヒロハノアマナ

閉じた花びらがピンク色でかわいらしい「イチリンソウ」は

おひさまと共に花開きます。

そして、やっぱり素敵な「カタクリ
この峠は、その昔「カタクリ峠」と言われていたという。
数が少なくなったけど、また最近増えてきたんだよと、うれしそうにおじさんが言っていた。

ひとときの時間を小さな春の妖精達と過ごす時間
誰の為にに踊っているのではないのだろうけど、
でもね。
とても素敵ですよ。
 =キランソウ

よろしければクリック下さい。