読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

黄昏時(たそがれとき)

くろんど散歩

誰そ彼と われをな問ひそ 九月の露に濡れつつ 君待つわれそ
万葉集」第10巻2240番

日が沈み、暗闇が這い上がってくるにしたがい
すれ違う人の顔は見えなくなってくる。
もしかして、今すれ違った人はこちらの者ではなく、あちらの者
追剥かもしれないし、のっぺらぼうかもしれない。

こんばんは。
暗くなりましたね。
気を付けて
と声をかけながらすれ違うことを「誰と彼」と呼ぶ

そして「誰そ彼」と呼ぶようになる時間帯のことを
いつしか、黄昏時と呼ぶようになったという。
言葉のいわれ、名前の起源
あなたの本当の名前はなんだろう。

よろしければクリック下さい。