読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

啓蟄−春の匂い−

啓蟄ー春の匂い
土の中で冬ごもりをしていた虫達が、早春の光を浴びて暖まった土を啓(ひら)き、這いだしてくる頃のこと。

啓蟄を迎えた週末。
ふらふらと匂いに誘われて、森の奥深くへと入っていくと、
急に桃源郷のような風景が目の前に現れた。

凍え縮こまっていた命を溶かす恵みの匂い。

大気ゆるみ、あちらこちらから、懐かしい匂いがあふれ出る。

様々な命が絡み合った不思議な匂いが互いに刺激しあい、
手をつなぎ、変化のうねりが始まる。

ああ、待ちこがれた春の匂い
むっとするような、それでいて何処か懐かしい匂い。
生き物達の気配も心なしか、多く感じる。

よろしければクリック下さい。