読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

すべての始まり

天から水が降ってくる。
とうとうと降ってくる。

開き始めた清らかな花に天の水が降り注ぐ。

暗い泥沼の中から生まれ出る蓮の花
天の水に命吹きこまれ花開く。

小さな女の子の、赤くふくよかなそのほっぺたを思わせる
初々しいその蕾。
そっとやさしく包んでみると、小さな鼓動が聞こえたよ。

小さく、しっかりとした息遣いが聞こえたよ。

ほっそしたとした蕾は、凛とした佇まい。
そっと耳を近づけてみると、中から小さな歌声が聞こえてきた。
キラキラとした歌声に耳を澄ましていたたら、いきなり強い風が吹いてきた。

あ、
美しいものは儚いという。
一瞬の夢。
一瞬の輝き。

初の始まりを告げる蓮の花。
儚くも美しい蓮の花。

谷から吹き上がってきた一筋の風が吹き抜けた。
振り返ると、一枚の小さな花弁の中に、水玉が乗っていた。
すべては、水からはじまった。