読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

蝋梅

キンと冷え込んだ朝、透き通った空の下、芳しい匂いが漂ってきた。

f:id:noronoyama:20170121142916j:plain

匂いに誘われて、振り向いてみると、蝋梅の花が、青空に向かって

花開き、芳しい匂いを放っていた。

f:id:noronoyama:20170121143411j:plain

俳句の世界では、蝋梅は小寒から立春までの間の季語とのことで

まさに今、旬の花。

f:id:noronoyama:20170121145346j:plain

冬の花は香りの花が多い印象があります。

蝋梅、梅、沈丁花と、匂いとともに春の足音が聞こえてくるよう。

f:id:noronoyama:20170121143304j:plain

そうそう

蝋梅の文字には梅が入っているけれど、梅の仲間(バラ科)ではなく、クスノキの仲間とのことを知り、えークスノキの仲間なんだと知って少し驚きました。

桜もチラホラと花開き始め、寒き中にもゆっくりと春の気配が近づいてきています。

f:id:noronoyama:20170121145423j:plain