読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

雪の中の楽しみ

この日、森は化粧をしていた。

凍るような冷気で淡い色を醸し出し、そっと白い雪をかぶせる。

f:id:noronoyama:20170212091628j:plain

馬酔木(アセビ)の花が、まだかまだかと雪解けを待っていた。

薄紅色の娘さんがうつむき加減に春を待つ。

f:id:noronoyama:20170212104248j:plain

ノリウツギドライフラワーを見上げると、一瞬の青空にキラキラ光って

透き通ってとても美しい。

f:id:noronoyama:20170212101649j:plain

秋にかずひろさんが、お供えしたサルナシの実がまだ残っていた。

雪の中からつぶらな、うさぎの目が覗いていたよ。

f:id:noronoyama:20170212094943j:plain

林道に出ると、今度は崖のあちこちに、素敵なつららの美術館が出来ていた。

尖ったつららや、まーるいつらら

鹿の角みたいなつららも出来ていた。

f:id:noronoyama:20170212102604j:plain

雪の森の散歩は、森のあちこちから声が聞こえてくるようで、足が先に進まない。

まってー\(^o^)/

f:id:noronoyama:20170212102622j:plain