読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

黄色い花ーダンコウバイとアブラチャンそしてクロモジ

春の森の黄色い花に最初に気がついたのは、比良の武奈ヶ岳に登った時。

森のあちこちで黄色い小さな花が咲き、森が黄色に染まっていた。

あのときは何の花なのかわからなかった。

花の名前はわからなくても楽しいのだけれど、名前がわかると友達に慣れた感じがするんです。

■ダンコウバイ

枝から直接蕾が開くのがダンコウバイ。

f:id:noronoyama:20170401140447j:plain

ぴょんと飛び出す元気な子

f:id:noronoyama:20170401142352j:plain

花が咲く時には、葉っぱはまだ開いていない。

芽吹きが始まったとは言え、枯れた林の中ではあまり目立ちません。

そう思うと、早春の花は黄色なのかな。

f:id:noronoyama:20170401140812j:plain

 でもね、活動を始めたばかりの虫たちには、この黄色がとてもよく目につくのだろうね。

ブーンとどこからともなく羽音が聞こえてきた。

f:id:noronoyama:20170401140341j:plain

 ■アブラチャン

ダンコウバイよりちっちゃく、コンペイトウぐらいの黄色いコンペイトウが枝先についたようなアブラチャン。

f:id:noronoyama:20170401131146j:plain

 ダンコウバイと一緒のクスノキ科クロモジ属の仲間

脂分が多く、枝や実から油が取れるとのこと。

また、雨の日の火おこしなどに覚えておくと良いようです。

f:id:noronoyama:20170402101714j:plain

アブラチャンは「花柄がつく」ので区別はできるとありましたが、本当だ、枝と花が離れてる。図鑑片手にいろいろと確認するのは面白いものです。

f:id:noronoyama:20170401133130j:plain

そしてクロモジ

花と同時に葉っぱも開き始めている。

緑と黄色のコントラストが何とも言えません。

f:id:noronoyama:20170401132539j:plain

この子は、少し葉っぱの大きい「オオバクロモジ」とのこと

普通の「クロモジは」まだ花開いていませんでした。

f:id:noronoyama:20170404131929j:plain

今から次々と花開く黄色い花たちの名前が少しわかった。

今度山で出会うと、こんにちわとお話できるかな。

f:id:noronoyama:20170404131859j:plain