読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

はなさかじいさん

冬の間、寂しかった林の中
春の目覚まし時計が鳴ったかのように、突然あちこちで草木が目覚めはじめる。

f:id:noronoyama:20170401125302j:plain

天高い場所で風に揺れる赤い花

f:id:noronoyama:20170402101446j:plain
はらはらと火の粉を落として地を暖める。(ハナノキ)

f:id:noronoyama:20170401132007j:plain
まだ冷たい風の中、赤白黄色の淡い光が森の中に差し始める。
ひらひらと風に舞う白い鳥

f:id:noronoyama:20170404132645j:plain

花の横に一枚きざなバンダナを巻いているのは、コブシですね。
花の下に葉がないのがタムシバです。

f:id:noronoyama:20170402100725j:plain

タムシバの葉っぱを噛むと、独特の甘さがあるという。
葉っぱが出てきたら噛んでみようと思う。

f:id:noronoyama:20170402101111j:plain
今年も、私市植物園のカタクリが満開を迎えた。

山で見るカタクリも素敵だけど。

朝日に輝くここのカタクリの群落もとても素敵です。

f:id:noronoyama:20170402095640j:plain

f:id:noronoyama:20170404122536j:plain

 本当に、なぜこんなに次々と同時に花咲き乱れるのか。

はなさかじいさんが、空を飛び回っているのかな。

 f:id:noronoyama:20170402102144j:plain