読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

ベニシジミ生まれる

枯れ草色の土手でスイバの葉元で春を待つベニシジミ
幼虫に出会ったのは、まだ肌寒い3月の始め。

noronoyama.hatenablog.com

まだいるかな?と覗いてみようと、穂をのばしたスイバの株を覗いてみた。

f:id:noronoyama:20170416131701j:plain
あ!
成虫になっている。

たぶん。あの幼虫が成虫になったんだ。
まだ孵化したばかりなのか、近づいても飛び立ちません。

f:id:noronoyama:20170409140359j:plain
でも、ベニシジミのように色が濃くないよなー

いろいろ図鑑で調べてみましたが、よくわかりません。

近くを見るとタンポポで一生懸命蜜を吸っている子もいます。

f:id:noronoyama:20170409140447j:plain

もう少しあたりを探してみると、

鮮やかなオレンジ色した、春型のベニシジミがよちよち歩いていた。

この子もまだちゃんと飛べないようです。

本当に孵化したばかりのようです。

f:id:noronoyama:20170409140736j:plain

裏側はこんな色

ベニシジミは春型と夏型があるとのこと。

春型と秋深くの個体は明るい紅色で、夏型は黒化するとのこと。

f:id:noronoyama:20170409140750j:plain

こっちにもいるぞ。

無事に沢山の子が育ったようです。

良かったね。

f:id:noronoyama:20170409140812j:plain