のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

蓮始開(はすはじめてひらく)

週末の三日間、私市植物園で夏期早朝開園が行われた。

f:id:noronoyama:20170717055019j:plain
泥の中から美しい花を咲かせるハスの花は、仏教では神聖な花とされ
様々なお話や、デザインに使われていて私たちにも身近な存在です。

今日から次の候に移ってしまったけれど、日本の四季を分けている七十二候の一つにも数えられる。

f:id:noronoyama:20170717070023j:plain

蓮は早朝太陽が拝むように花開き始め

9時頃にはまた眠りにつく。

f:id:noronoyama:20170716080307j:plain

美しき姿は朝露とともに光り輝き、見るものを引き寄せる。

大輪の美しい花がどろの中から生まれる姿に

人は命生まれる生命を感じたのだろう。

f:id:noronoyama:20170717065926j:plain

4日目

大空に向かって精一杯歌い

f:id:noronoyama:20170716080446j:plain

最後の踊りを踊る。

命、燃えつきるかのような狂おしい踊り。

f:id:noronoyama:20170716080733j:plain

そして、はらりはらりと、美しきころもを脱ぎさる姿はまた魅力的です。

f:id:noronoyama:20170716080538j:plain

どこかで、聲声(しょうみょう)の美しい声が聞こえてきて、

静かに目を開けると、散華(さんか)が、葉の上に一枚。二枚と積もっていた。

f:id:noronoyama:20170716080549j:plain

 

広告を非表示にする