読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

残りわずか

あっという間に無くなる柿の木もあるが、まだまだ多く残っている木もある。
たぶん渋が抜けるのを待っているのでしょう。
鳥たちはどうやって見分けているのだろう?

この柿の木の実は残りわずか。
入れ替わり立ち代りに多くの鳥がやってきて味見をしていきます。

大型の鳥たちは、小さい小鳥を蹴散らしています。

こちらの木は、たわわに残って小鳥たちが沢山集まってとてもにぎやかな
ささやき声が響いています。

道端を通りかかる人が、時折立ち止まり見上げて生きます。
 
里の柿がすべて無くなるのはもうすぐです。
今のうちにたっぷりと召し上がれ。