読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

朝の散歩

私市のこと

わからないから、面白いということも世の中には沢山ある。
子供のころ以来かな、百舌の速贄を見たのは。
初秋のころ、獲物を木の枝に見事に串刺しにする、この行為は、なぜ行われるのか、よくわからないという。

散歩はやはり変化の時が楽しい。
光が輝き、命がよみがえる時。

小さな命は、大空への旅立ちの準備が整い、出発の時を待ち

道端の名もない草は、霜と戦いながら、子を残そうとしている。

中道の崩れかけた、家の門の奥。
赤々と紅葉が染まり、古き家人の思いを今に伝える。

その門の向こうに、何かが見えた気がする。