読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

雪のくろんど「ぽかぽか日和」

ミミズの予報はばっちりですね(^_^)
お正月に雪が降ったのは記憶ないと、神社の神主さんが言っていた。

元旦の夕方から降り出した雪は、短時間でしたが見る見る積もり、一面を白い綿菓子で包んでいった。

一夜あけた朝、雪雲は通り過ぎた。
白いトンネルを抜けて、雪のくろんどへと出かけよう。
 
きらきら輝く、くろんどの森の中。
ざざ、ざざと風が吹き雪が舞い散る。
雪が舞った場所に目をやると、紫色の真珠がキラリと光った。

あれあれ、サンタさんのお髭みたい。
ポコポコの沼杉の気根は、弁慶さんだ。
 
関西の雪は湿った雪
おひさまが顔をだすとあっという間に溶けていく。

ぽかぽかと暖かい日差しを受けて、温かい飲み物を頂くこと。
お正月から幸せな時をいただきありがとうございます。