読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

向こう岸

雨上がりの朝、窓をあけると深い霧が立ち込めていた。

山から里へ
北から南へ
季節はゆっくりと深まるころ、向こう岸への扉が開くことがある。

それは数年に一度、こちらの岸と、あちらの岸の時間が合わさる時。

向こう岸の声を聞くには、霧が晴れないうちにこの橋を渡る必要がある。
渡れるか。
いや、渡っていいのか。

足が前に出ない。
まだその時ではないようだ。

たくさんの物事を見て。
聞いて。
確かめて。
感じて。
想って。
初めてこの橋を渡ることができるのだろう。

向こう岸はどんな世界なのかな。
いつか見てみたい。

2015.11.3 府民の森「ほしだ園地」星のブランコ
よろしければクリック下さい。