読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

幸せ散歩

山桜も散り始め、里山ミツバツツジが花広げ始め、一気に明るくなってきた。

薄暗い谷あいの照葉樹の取り付きを暫く歩くと、谷底から風が吹き上げてきた。

目の前に雪が舞い上がる。

天を見上げると、なごり雪の主がそこにいた。

 

花びら舞う

山桜のステンドグラス

そろそろかもしれないな。

毎年GW頃に現れる白い龍「ギンリョウソウ」が顔を出すいつもの場所によってみた。

あ、いたいた。

白い龍はまだ、小さな赤ちゃんだった。

今年もちゃんと、卵はかえり始めているようで安心しました。

ギンリョウソウ

さあ、尾根筋に向かって足をすすめる。

何気なく手をかけた木の根本に目が止まった。

あ。

なんとそこには春の妖精「春蘭」が舞い降りていた。

春蘭(シュンラン)

小さなアリが、春蘭の手のひらで遊んでいる。

その姿は、お母さんが小さな赤ちゃんに囁きかけているよう。

春蘭とアリ

やっぱり出かけないと、出会いはないもの。

野山の散歩は幸せ散歩。