読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のろやま

身の回りの小さな発見と驚きを見つける旅に出かけたい

白龍園「よい時を頂きました」

小石をひとつ、ひとつ脇へよけ、小さな汚れをほろいあげていく。
繊細な心遣い。
そして、気の遠くなるような手間をかけて、維持されている。

一日のんびりと過ごす時間。
いろんなことが頭に浮かび消えていく。

気に入った場所に腰を落ち着け、時の流れと共に、光の変化を感じます。

そっと木陰から覗いていると、ぴょんぴょんと、小さな子供が飛び石を飛んでいく。
歌を歌いながら。
行ったり来たり。

河花荘で、焼き餅の美味しいにおいがただよう、ぜんざいを賞味。
後ろ髪をひかれる思いでしたが、またいつの日か再訪させていただきます。

よい時を頂きました。
ありがとうございます。